Macのプレビューがおかしい、表示されない…『ボリューム”Machintosh HD”が壊れています。』!?

Macのプレビューの挙動がおかしいので、『ディスクユーティリティ』を起動して『ディスクを検証』ボタンを押すと、『ボリュームのフリーブロックカウントが正しくありません』『ボリューム”Machintosh HD”が壊れています。修復する必要があります。』などが赤字で表示されました。指示通りに修復を行うと挙動は正常に回復し、SSDの空き容量も30GB以上増えました。

recovery

ある日、Macのプレビューがおかしくなりました。
ファイルを選択してスペースキーを押すと
通常であれば画像を表示したり、MP3の音楽や
MP4の動画が再生されるはずのところが、再生までに
時間が掛かったり全く再生されないことがある。
画像に至っては、開くと隅の一部だけが表示されたり、
まったく表示されないこともあります。
ミッションコントロールで画面を切り替えると
表示の可否が多少変わるなど、挙動がおかしい。

ディスクユーティリティを起動して
『ディスクを検証』ボタンを押すと
『ディスクユーティリティは”Machintosh HD”の
検証を中止しました。
このディスクは”Recovery HD”を使用して修復する必要が
あります。コンピュータを再起動し、Apple ロゴが表示
されるまで Command キーと R キーを押し続けてくださ
い。 OS X ユーティリティウインドウが表示されたら”デ
ィスクユーティリティ”を選択します。』
のメッセージが表示されました。

詳細情報には
『独立したブロックがあるため、ボリュームビットマップに若干の修正が必要です』
『ボリュームのフリーブロックカウントが正しくありません』
『ボリューム”Machintosh HD”が壊れています。修復する必要があります。』
『エラー:このディスクは”Recovery HD”を…ら”ディスクユーティリティ”を選択します。』
などが赤字で表示されました。

バックアップは十分にとってあります。

指示通りにRecovery HDから起動し、
ディスクユーティリティを起動して
『ディスクを修復』ボタンを押してみました。

そうするのがベストかどうかは分かりませんが、
念のため、ディスクの検証と修復、および
ディスクのアクセス権の検証と修復を各2回行い、
2度目には修復すべきものが無いことを確認しました。

ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される場合があります。

10分と掛からず修復等の作業は完了、再起動すると
プレビューがおかしかったところがすっかり直っていました。

ボリュームのフリーブロックカウントについては、
SSDで本来空きスペースとして数えるべきところ、
その一部を空きではないと見なしていたのでしょうか。
『ディスクを修復』したことでSSDの空き領域が30GB以上増えました。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*