Windows 10 にアップグレードしたネットブックで、無線LAN (Wi-Fi) 接続が「制限付きアクセス」となりインターネットに接続できなくなった

突然、無線LAN (Wi-Fi) 接続が「制限付きアクセス」となりインターネットに接続できなくなりました。原因に Windows 10 は関係なく、ネットワークに接続する機器が増えすぎて、無線LANルータで動作しているDHCPサーバが割り当て可能な IPアドレスの範囲が足りなくなっていました。

Windows 10 にアップグレードした
ネットブック (Eee PC 1001PXD) ですが、
『ASUS ACPI ドライバがインストールされていません。
ASUS ACPI ドライバをインストールしてください。』
という警告が表示されるものの、それ以外は普通に使えていました。

突然、無線LAN (Wi-Fi) 接続が「制限付きアクセス」
となりインターネットに接続できなくなりました。

Windows 10 へのアップグレードを色々と試すため、
ネットワークに繋げる機器の数を増やしていましたので、
そのことが影響しているのではないかと考えました。

DHCPサーバで割り当てる IPアドレスの範囲を
広げたところ「制限付きアクセス」が解消され、
インターネットに接続できるようになりました。

インターネットに接続できなくなった原因に
Windows 10 は関係なく、ネットワークに接続する機器が増えすぎて、
無線LANルータで動作しているDHCPサーバが
割り当て可能な IPアドレスの範囲が足りなくなっていました。

 

IPアドレスとは、ネットワーク上の機器を識別するための番号です。
パソコン、スマホなどの機器間で重複が無いように
IPアドレスを割り当てる必要があります。

重複してはいけないので、割り当て可能な番号を
常に漏れなく正確に管理しなければなりません。
IPアドレスを手動で割り当てるのは面倒な作業です。
そこで DHCPサーバの出番となります。

DHCPサーバはネットワーク上の機器に自動的に
重複が無いように IPアドレスを付与してくれます。

 

例えば 1〜3番までの範囲で番号が割り当て可能だとします。
ネットワークにパソコンやスマホを繋げると
1をパソコンに、2をスマホに、3は未使用といった具合に
DHCPサーバが番号を自動的に付与してくれます。

ここに新たにタブレットを追加すると、
DHCPサーバは未使用の番号である 3をタブレットに付与してくれます。

パソコン、スマホ、タブレットの全てを
一度ネットワークから切り離し、
もう一度繋げるとどうなるでしょうか。
条件によりますが、ある程度は
前回と同じ番号を付与してくれます。

問題は4台目の機器を追加する場合です。
割り当て可能な番号が 1〜3では、
4台の機器を同時に繋げることができません。

 

例えば、スマホが古くなったので、
新しいスマホを買い足したとします。
古いスマホも家の中でならそれなりに利用価値があるので、
手元に残し、たまに使うことにしたとします。

パソコン、スマホ(旧)、タブレット、スマホ(新)
という 4台の機器があることになりますが、ここでは
スマホ(旧) と スマホ(新) を同時に使うことはないとします。
そうすれば、DHCPサーバが 1〜3の番号をやりくりすることで
最大で同時に 3台までの機器をネットワーク上で識別できます。

一見問題ないようにも思えるのですが、
ここにちょっとした落とし穴があります。

それぞれの機器にある程度は前回と同じ番号を付与しようとすると

1:パソコン
2:スマホ(旧)
3:タブレット

という状態と

1:パソコン
2:スマホ(新)
3:タブレット

という状態を行き来することになります。

スマホ(旧) がネットワークに繋がった時に 2を付与するためには、
スマホ(旧) 以外の機器には 2を付与しないで温存しておき、
再度、スマホ(旧) がネットワークに繋がった時に備える必要があります。

IPアドレスの貸し出し期間 (リース期間) というものがあって、
例えばリース期間が無制限だと、2はスマホ(旧) に占有され
買い足されたスマホ(新) が 2を利用することはできません。
スマホ(旧) の電源をオフにしてネットワークから切り離しても、
DHCPサーバは 2をスマホ(旧) のために保持し、
他の機器に使わせないということになります。

『ネットワークに接続する端末数』が
『DHCPサーバが割り当て可能なIPアドレス数』
より多いような状況になると、このような問題が表に出てくる可能性があります。

私のケースでは、DHCPサーバがリース可能な
IPアドレスが足りなくなっていました。
そのため、DHCPサーバで割り当てる IPアドレスの
範囲を広げることで問題が解消しました。

 

ネットワークに繋ぐ機器 (仮想も含む) が沢山あり、
インターネット接続が不安定という場合には
DHCPサーバもチェックすると良いかもしれません。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*