雇用の未来

probability-of-computerisation

ビッグデータ、人工知能、ロボットなどの
科学技術の発展に伴い、近い将来アメリカに
現在ある総雇用の47%が無くなる可能性
があるといいます。

THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION (雇用の未来)

今日、貨物輸送にはコンテナが使われています。
コンテナが無ければトラック、汽車、船、飛行機など
貨物の積み替えに多大な時間と労力が必要です。
コンテナが世界中で使われるようになったことで、
長距離・大量輸送の費用と時間が革命的に改善したといいます。

本質的に仕事量が減ればコストは削減できます。
また、仕事量そのものは減らなくても、人間より
費用と時間に優れる代替手段があればコストを削減できます。
いずれにせよ、費用と時間が改善するということは、
人間の絶対的な仕事量は減るということになります。
ですから、それにあわせて雇用も減ります。

沢山の人が突然失業するとなると問題です。
ですから、輸送用の箱 (=コンテナ) の世界共通ルールを
作ってそれを運用みんなで運用しようというアイデアが
広く受け入れられて運用されるまでには
10年単位での時間が必要だったようです。

様々な仕事が人工知能やロボットでまかなえるようになる
ということで、いち早くその恩恵を得るためには
雇用の47%が短期間に失われても大丈夫なように
準備する必要性があります。

また、総雇用の47%がコンピュータでまかなえるように
なりそうだというお話ですが、残りの53%は人間にしか
できないということではありません。
こちらも、そう遠くない将来に人間でなくても
勤まるようになるかもしれません。

これについて思うことを少し挙げてみます。

業種としてはサービス (Service) 、
事務作業の支援 (Office and Administrative Support) 、
農業と漁業と林業 (Farming, Fishing, and Forestry) が
人工知能やロボットでまかなえるようになるようです。

ということは、死なないために働くということ
に関するコストがかなり小さくなる可能性があります。
食べるために働く、働かざるもの食うべからずという
考え方を環境に適応させていく必要性が出てくるかもしれません。
衣食が足りないという不幸を減らせる道具を
得つつあるという側面はありそうですが、
勤勉な労働は様々な倫理観、人生観、宗教観
とも結びつきがあり、単純ではなさそうです。

「将来、どのような仕事をしたいか」
という質問は難しくなるかもしれません。
知見が蓄積されるに従ってコンピュータに任せられる
仕事の範囲が広がって行くとするならば、
将来に就く仕事は「今は存在しない仕事」という
ことになるのがごく普通になるかもしれないからです。

選挙をしても世界はそう簡単には変わらないという考え方があります。
投票という入力に対して、行政という出力が
よく追従しないと感じる面があるからかもしれません。
行政の事務やサービスが自動化されれば、
入力が世界を実際に変える出力と直結できるようになります。
何割かでも入力と出力が連動すれば、
選挙のようなものの性質が変わってくるかもしれません。

人工知能やロボットには不向きな分野で
才能を発揮する人の市場価値が高まります。
そうすると、そのような人が子孫を残す上で有利となり、
そのような (物理的に生死の危険が少ない中での
劇的な環境変化への適応が得意?) 遺伝的特性を持つ人が
多数を占めるようになるかもしれません。
植物 (蜜を与える) と昆虫 (受粉を助ける) のように、
強い共生関係が築かれるかもしれません。
人間と人工知能が互いの苦手を補い合い
互いに不可欠となるような方向性です。

オオカミから犬という種が派生したように、
環境による選択が種の遺伝子に影響を与え、
それは数十世代という短い期間でも進化的な
影響を与え得るという説があります。

劇的な環境変化への適応といえば、例えば
子供は新しいことを受け入れる高い能力を持っています。
劇的な変化をすぐさま受け入れるという場合、
その対象は知識や行動のみで、他 (考え方や感じ方) は全く
影響を受けないというのはちょっと不自然な印象を受けます。
環境変化への即応性は考え方や感じ方を変えるかもしれません。
つまり、知識や行動だけでなく、考え方や感じ方も
流動的で、現代の基準からすると人格の変動や多様性を
より許容するという性質に繋がるかもしれません。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*