スポーツ用の自転車に乗ると尻が痛くなるという場合、どうしたら良いかという話

スポーツ用の自転車の乗ると尻が痛くなるという話をしばしば聞きます。スポーツ用の自転車ではサドルにどっかりと座るように設計されていないため、そこを意識すると痛みを緩和できるかもしれません。もう一点、タイヤの空気圧を適正気圧の下限までさげると軽快さは落ちますが振動を緩和できます。マウンテンバイクのように空気量が多い太いタイヤであれば身体や尻にくる衝撃が和らぐのを特に良く感じられると思います。

細いタイヤと競輪のようにぐにゃりと
湾曲したハンドルのロードバイク、
太いタイヤとサスペンションを備えたマウンテンバイク、
あるいはその中間のクロスバイクなど、
スポーツ用の自転車には種類があります。

これらに乗り始めたときに、しばしば聞くのが
「尻が痛い」というお話です。

自転車というとまずサドルに座り、そしてペダルを回す
というイメージがありますが、スポーツ用ではおそらく逆です。
つまり、まずはペダルを回し、尻はサドルに添えるだけ。

添えるだけというのはかなり極端な表現です。
もちろんサドルには座ります。
椅子で言えば、座っているけれどちょうど立ち上がり始めの、
脚力で体重の多めに支えているところと似ているかもしれません。
その状態でも椅子が消えれば尻餅をつくわけで、
座ってはいるのですけれど、しかし尻が支える体重は少ない。
そんな感じではないかと思います。

ロードバイクは少ないエネルギーで効率よく、
そしてなるべく速く移動することを指向しています。
そのためには体重を尻にあずけるのではなく、
ペダルにのせて推進力にかえていく。
ゆったり座ったうえで、なるべく少ないエネルギーで
ゆっくり移動するという使い方には向いていない。
だから、尻はサドルにどっかりのっかると痛くなるのかもしれません。

マウンテンバイクは道を選ばずに走れるように考えられています。
ですから、悪路によって長時間連続する振動や、
大きな高低差をジャンプしたときにショックを吸収できるような、
太くてグリップの良いタイヤとサスペンションが備わっています。
道を選ばず走るため、バランスをとるべく重心を下げると
体重は尻ではなく両足にのります。
やはり、リラックスしてどっかりとサドルに座るという
使い方を前提にしては作られていないだろうと思います。

そう考えるてみると、スポーツ用の自転車で尻が痛い場合は
尻に体重がのりすぎないように意識すると改善するかもしれません。

もう一点、自転車の方を調整するという方法も考えられます。
基本的な設計思想はさておき、利用形態の方にあわせて
自転車の方を調整しようというわけです。

例えば、室内で椅子に3時間座ったからといって
尻が痛くなったりはしないと思います。
しかし、自転車のサドルは椅子より固いですし振動もあります。
これらが痛みに繋がる要因の一つだと考えられます。

タイヤや自転車が変形して振動を吸収するようにすれば
これを緩和することができます。

お手軽なのはタイヤを適正空気圧の下限に調整することです。

例えばロードバイクで 8気圧から 6気圧に下げるとすれば
漕ぎが少しだけ重くなり、振動が少しだけ軽減されるのを
感じ取れるかもしれません。
ロードバイクではタイヤに入れられる空気量自体が少なく、
あまり空気圧を下げるとパンクしやすくなるため、
劇的とはいきませんが、尻の痛さは少し改善できると思います。

より太いタイヤに交換すれば空気量が増え、
タイヤはより大きく変形できるようになりますので、
クッション効果をより高めることができます。
しかし、ロードバイクでは 700x28C というサイズより
太いタイヤが付けられない、つまり細いタイヤしか装着できない場合もあります。

マウンテンバイクには大抵は太いタイヤが装備されています。
空気圧が高ければタイヤが変形しにくくなるため、
走行は軽快になりますが、振動を吸収することができません。
ですから、これを適正空気圧の下限に調整します。
タイヤが太いほど大きく変形できるので結構効果的です。

スポーツ用の自転車に乗り始めのころは
日頃使わない筋肉を使うことになりますから、
足、腰、背中、肩、首が疲れたり痛くなったりすることもあります。
慣れてくるとそのようなことも無くなってきますが、
意外と尻の痛さだけは解消しなかったりします。

軽い運動を目的としていれば漕ぎ方もソフトで、
尻で支える体重は大きくなりがちです。
競技指向であれば脚力が向上するにしたがって、
自然と尻で支える体重は小さくなって行きますが、
軽いサイクリングでは必ずしもそうはなりません。
そこで「尻に体重をのせないこと」を意識する
ということが尻の痛みを緩和するための
ポイントになってくるのではないかというわけです。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*