Windows 10 にアップグレードすると削除される機能

Windows 10 にアップグレードすると削除される機能があります。例えば、DVD を再生するためのプログラム、Windows 7 に予め入っていたゲームなどです。また、Windows 10 Home ではアップデートが自動化されるなど、慣れた利用形態に対しても幾つかの変更が加えられるとアナウンスされています。
Windows 10 への無料アップグレード期間は 1年とされていますから、パソコンの構成やソフトウェア事情など、無理なく移行できることを確認してからアップグレードを行っても良いかもしれません。なお、アップグレードの際には万一に備えてバックアップをお忘れにならないようにご留意ください。

Windows 10 の仕様 – マイクロソフト で示されているように
Windows 10 にアップグレードすると削除される機能があります

Windows Media Center の削除

Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、Windows 8 Pro with Media Center、Windows 8.1 Pro with Media Center のいずれかがインストールされている場合に Windows 10 をインストールすると、Windows Media Center が削除されます。

テレビの録画、ビデオの再生、音楽や写真などに
Windows Media Center を利用していないか
アップグレード前に確認した方が良さそうです。

DVD を再生するためのプログラムの削除

DVD を視聴するには別売りの DVD 再生ソフトウェアが必要です

DVD を再生するためのプログラム (コーデック) が削除
されるため、Windows 単体では DVD が再生できなくなります

Windows の DVD 再生ソフトではなく、サードパーティー
のソフトを利用している場合にはそのまま、あるいは
再生ソフトのアップデートをすることで DVD の再生は可能でしょう。

もしくは、VLC などの無料のビデオ再生ソフト
を利用することでも DVD 再生は可能です。

無料/有料で代替手段があるとはいえ、
DVD が今まで通りでは再生できない
可能性があることは注意が必要です。

Windows 7 デスクトップ ガジェットの削除

Windows 7 デスクトップ ガジェットは、Windows 10 のインストール時に削除されます。

Windows 7 デスクトップ ガジェットは削除されます。
Windows 8.1 移行で同様のアプリがない場合、
これは不便かもしれません。

アップデートの自動化

Windows 10 Home のユーザーには、Windows Update による更新プログラムが自動的に適用されます。

Windows 10 Home ではアップデートが自動化され、基本的に、
アップデートを何時するかという選択肢は無くなるようです。

常に最新で安全性が高くなる一方、
ユーザーの意思で同一環境を保持し続ける
ことは基本的にできなくなるのでしょう。

仮に、将来的に Windows 10 Home から
Windows 11 Home へのアップグレードが
あるとして、それも自動化の対象に含まれて
くるのかどうかが気になります。

これまでは自分の意思でアップデートの
タイミングを選ぶことができました。
もしも、Windows 7 から Windows 8、
そして Windows 8.1 へと自動的に
アップグレードされていたらと考えると
これはちょっと不便な感じもします。

自動化されるのはセキュリティ アップデートか、
Service Packくらいまでだと良いのですが。

Windows 7 に予め入っていたゲーム

Windows 7 にあらかじめインストールされていたソリティア、マインスイーパー、ハーツの各ゲームは、Windows 10 にアップグレードする際に削除されます。新しいバージョンのソリティアとマインスイーパーとして、”Microsoft Solitaire Collection” と “Microsoft Minesweeper” が既にリリースされています。

昔ながらのソリティア、マインスイーパー、
ハーツなどの各ゲームは削除されます。

これらのゲームをプレイしたことがある方は
けっして少なくはないと思います。
この影響を受ける方は少なくはない
のではないでしょうか。

USB フロッピー ドライブが使えない

USB フロッピー ドライブがある場合は、Windows Update または製造元の Web サイトから最新版ドライバーをダウンロードする必要があります。

これまでは USB フロッピー ドライブを
繋げるとすぐに利用の準備が整いました。

Windows 10 からは ドライバ (=制御ソフト)
を特別にダウンロードしてきて
インストールする必要性があるようです。

USB メモリ、 SD カード、あるいは
クラウドストレージの利用が一般的に
なったことで、国内メーカーは
フロッピーディスクの製造を2011年に終了しています。
このような状況を考慮すると、フロッピーディスクの
利用はレアケースという判断なのでしょう。

ちなみに、同様の意味で利用継続が難しくなって
行くものとして ZIP や MO が挙げられるのでないかと思います。

ZIP は ドライブとディスクの製造が終了しています。
MO はドライブ販売をしているのはロジテックのみ
(2013年時点) で、ディスクの製造はソニーのみです。

Windows Live Essentials の OneDrive アプリケーションは削除

システムに Windows Live Essentials がインストールされている場合、OneDrive アプリケーションが削除され、Windows 10 に搭載の OneDrive に置き換えられます。

Windows Live Essentials と OneDrive を
利用されている方はご留意ください。

Windows Live Essentials は Microsoft が提供する
ソフト集で、以下のようなものが含まれます。

  • フォト ギャラリー … 写真整理・編集ソフト
  • ムービー メーカー … 動画編集ソフト
  • Windows Live Writer … 写真、動画、地図などを含むブログ記事作成ソフト
  • Windows Live メール … メール、カレンダー、連絡先の管理ソフト

OneDrive は Microsoft が提供するクラウドストレージです。
例えば、OneDrive にデータを置くことで
自宅のパソコンで文書制作を始め、
移動中にタブレットで続きを進めるなどの
活用を考えることができるものです。

『削除』以外で気を付けられること

Windows 10 へのアップグレードを急ぐ必要がなければ
少し様子を見ても良いかもしれません。

パソコンやそこに接続されている機器の全てが
完全に動作するためには、Windows 10 へのアップグレードに
あわせて各種ドライバ (=ハードウェアの制御プログラム) や
アプリケーションのアップデートの必要性が出てくるかもしれません。

DVD の再生プログラムの削除、昔ながらのゲームの削除、
アップデートの自動化、OneDrive の動作など
幾つかの削除と変更もあります。

Windows 10 への無料アップグレード期間は 1年あります。
お使いのパソコンで問題なくアップグレードできるかどうか、
また、実際にアップグレードした場合に利点の方が大きいか
などを確認してからアップデートしても良いと思います。

なお、アップグレードの際には、万一に備えて
バックアップをお忘れにならないようにご留意ください。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*