Google Analytics のリアルタイムはどのようにリアルタイムなのか

Google Analytics のリアルタイムがのように振る舞うかを見るため、実際にアクセスして表示が更新されていく様子を見てみました。訪問に対しては即応性がありますが、離脱に対しては表示の反映までに5分、10分という単位で遅れがあるようです

ga_realtime

上図では
『現在 5 人のアクティブユーザーがサイトを訪問しています』
と表示されています。

しかし、実際には 5 人はいない可能性が高いです。

実際に試してみたのですが、
Webサイトにアクセスしたときは
10秒くらいで表示に反映されました。
ユーザの訪問に対してはリアルタイムと言えましょう。

けれども、離脱の際はすぐに人数が減りませんでした。

離脱とはすなわち、ブラウザを閉じたり、
ケータイをスリープさせるなどしてサイトから離れることです。

実際に試すと、離脱が反映されるまでには
5分、10分という単位で時間が掛かりました。
ユーザの離脱に対してはあまりリアルタイムではないようです。

Webサイトはユーザからの要求に対してページを返します。
要求無しにユーザに何かすることはできないというのが基本です。
ですから、その仕組み上、Webサイトに何も要求しない
ユーザの離脱を正確に検知することは難しいことになります。

そのような訳で Google Analytics のリアルタイムは
その瞬間の状態を表示しているとは限りません。
直近 10分など、ある程度の時間幅で見た時の
アクティブユーザー数を表示しているようです。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*