WordPress でページの URL がクエリパラメータであっても、Google Analytics でユーザーフローや行動フローをページタイトルで詳細に表示する方法

WordPress のパーマリンクの設定と Google Analytics が共に初期設定の場合、Google Analytics でユーザーフローや行動フローを表示してもページ遷移の流れが得られません。このような場合、パーマリンクの設定を変更するのではなく、Google Analytics のフィルタを使用すれば OK です。本記事ではフィルタの具体的な設定方法、そしてパーマリンクの設定を変更しないことの重要性についてお伝えします。

WordPress を初期設定で使い始めた場合、
ちょっと慣れたころに、
WordPress のパーマリンクの設定を変更したいとか、
Google Analytics でユーザーフローや行動フローを
ページタイトルで詳細に表示したい
と考えることがあるようです。

今回は、このような場合にお勧めの対処方法を1つお話しようと思います。

ことはじめ

初期設定の WordPress ではページの URL が
以下のような形式になっています。

http://ドメイン/?p=1

これに対して、Google は以下のページで

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

と説明しています。
ですから、以下のように URL を変更した方が
良いのではないかという考えが出てきます。

http://ドメイン/とある日記

また、初期状態の URL ではアクセス解析のために
Google Analytics を導入しても以下の画像のように
ユーザーフローや行動フローが期待通りに表示されません。

userflow_before

actflow_before

なので、なおさら URL を記事名と対応したような形式に
変更した方が良いという気持ちがわいてきます。

対処方法

まず、Google Analytics でユーザーフローや行動フロー
ページタイトルで詳細に表示するために
ページの URL を変更する必要はありません

具体的な対処方法としては
『アナリティクス設定』
→『全てのフィルタ』
→『+新しいフィルタ』
でフィルタを追加します。

analytics_filter_setting

上記の画像のように
『フィルタ名』に対しては
『URLをタイトル表示に』などの好きな名前をつけ、
『フィルタの種類』に対しては『カスタム』を選択し、
『詳細』を選択し、
『フィールド A -> 引用 A』に対しては
『ページ タイトル』を選択して
『出力先 -> 構成』に対しては
『リクエスト URI』を選択して
『選択したビュー』に『すべてのウェブサイトのデータ』を追加します。

これを保存すれば、
Google Analytics でユーザーフローや行動フロー
以後のアクセスに対して、ページタイトルで
詳細に表示されるようになります

userflow_after

actflow_after

次に URL を Google の説明に従って変更するか
どうかですが、これは変更しなくても問題ありません
それはなぜでしょうか?

以前、
クエリパラメータのかわりにスラッシュ区切りのURLでアクセスする方法
で少しお話した通り、インターネットやWebサイト
(World Wide Web、URL、HTTP、HTML) など
生みの親である Timothy John Berners-Lee
(ティモシー・ジョン・バーナーズ=リー) は、長期的に考えると
URL にタイトルを使うべきではない
と述べているからです。

実際、以下の記事で

Cool URIs don’t change

クールなURIは変わらない
※ Cool URIs don’t change の日本語訳

URL に入れてはいけないものが列挙されています。

入れてはいけないものは以下のようなものです。

  1. Authers name (作者名)
  2. Subject (題目、件名、タイトル)
  3. Status (最新版、旧版など)
  4. Access (例えば、限定公開、会員専用等の閲覧できるグループ名)
  5. File name extension (例えば cgi、html、css など)
  6. Topics and Classification (トピックス、カテゴリ名など)

逆に URL に入れても安心なものは何かというと
id または 日付 (制作日) です。

これは、あくまでも URL をどうするかという
設計思想の一つです。これが完全無欠に正しいとか、
Google の説明が誤っているということではありません。

ただ、URLの生みの親
URL をトピックとタイトルで管理するのは中期的には素晴らしい解決策となり得るものの長期的には深刻な欠点があるとアドバイスしていること、
そして Timothy John Berners-Lee であれ Google であれ
URL が一意で不変であることを望ましいものとしている
ことから
URL は変更しないほうがむしろ好ましいと考えられます。

残る気がかりは SEO だと思います。
検索での Google の存在感は大きいですから。

Google の
シンプルな URL 構造を維持する
をよく見ると、その URL は
https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja
です。
76329はタイトルではなくID的なものですよね。

また、記事の内容も検索順位ではなく、
Google のプログラムでの処理漏れや
負荷を低減するためのガイドとなっています。

URL の変更という明確にマズいことをしてまで
記事のタイトルと対応するような URL に
変更する必要性はないと考えられます。

Google の SEO に関しては
Google 検索エンジン最適化 スターターガイド
というものがあります。
そこでは、URL を ID ではなくタイトルなどにすることで

ユーザーと検索エンジンの両方にページについての情報をより多く伝えられます

と説明されています。

検索エンジンに多くの情報が伝わることで、
よりふさわしい掲載順位になるであろう点は、
多くの人にとって望ましいと考えられます。
ただ、検索順位を向上させたいという理由にはそぐわないのではないでしょうか。
※残念ながら Google の検索順位を決定するアルゴリズムは非公開であるためその保証はできませんけれど。

途中からではなく、最初から URL をタイトルとするのであれば、
それは一つの方針として良いのではないかと思います。
どうしても途中から URL を変更する必要がある場合には
損失を避けるためにも 301リダイレクト (Permanent Redirect) をお忘れなく!

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*