PDFが文字化けした場合の対処方法

PDFを使えば様々な環境で同一の表示や印刷が得られると思われがちです。残念ながら、実際のところ、それは簡単かつ確実な話ではありません。制作側で忘れずにフォントを埋め込み、ユーザ側では (なるべくアプリやブラウザの内蔵ビュアーを使わず) Adobe Readerの最新版を使わなければ、思わぬところで文字化けやレイアウトの不具合が生じることがあります。もし、ユーザ側での対応なしで、同一の表示を簡単かつ確実に得ようと考えるならラスタ画像の方が好適です。

PDFが文字化けする原因は、大抵の場合以下の2つです。

  • フォントが埋め込まれていない
  • アプリやブラウザに内蔵されたビュアーを使っている

フォントが埋め込まれていない

ここで言うフォントとは指定された書体で
文字を表示するためのデータのことです。
いくらフォントが指定されていても
パソコンやスマートフォンにそのフォントが無ければ
PDFを常に正しく表示することはできません。
ですから、PDFに文字データを持たせる場合には
制作側でPDFにフォントを埋め込む必要があります。
これを忘れると文字化けすることがあります。

フォントの埋め込みは以下の図のようにして確認できます。

pdf_issue_1

File -> Properties… で Document Properties を開きます。

pdf_issue_2

Fonts タブを開きます。
Embedded Subset というのが
フォントが埋め込まれていることを示しています。

アプリやブラウザに内蔵されたビュアーを使っている

次にありがちなのはビュアーの問題です。
PDFはAdobe Readerで表示できます。
PDFはAdobeによって開発されたファイル形式なので
技術仕様に準拠したPDFはAdobe Readerで開けば正常に表示されます。
Adobe Reader以外でも様々なアプリやブラウザが
PDFを表示する機能を内蔵していますが、
これが厄介で、PDF自体は問題なくとも
文字化けやレイアウトに以上を生じる場合があります。

例えば、メジャーなところでは Firefox の
内蔵ビュアーで文字化けを生じる場合があります。
フォント埋め込みのPDFであっても文字化けは生じます。
これを回避するにはユーザ側でPDFを
Adobe Readerなどで開く
ようにする必要があります。

PDFではテキストの扱いが意外と厄介

Adobe Acrobat、Adobe Reader のヘルプに
以下のような記事があるように、
意外とPDFではテキストの扱いが厄介な場面があります。

画面表示は正常な PDF ファイルを印刷すると一部の文字が欠けたり文字化けが発生する場合の対処方法(Acrobat/Adobe Reader)

残念ながら、PDFにすればどこでも簡単に
同じ表示や印刷が得られるわけではない
です。

同一の表示と印刷を簡単かつ確実に得るには
ラスタ画像をドット バイ ドットで表示するのが一番です。
色の再現性まで求めると、色域や
キャリブレーションの問題がでてきますが
少なくとも文字やレイアウトの問題は確実に解決できます。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*