Nexus 6 が防水ではなかった件

Nexus 6は防水ではない!水につけたら壊れる!Nexus 6 の公式動画を見ると、水没させたり水中でカメラ撮影をしています。これは、水中で使えるレベル (IPX5/IPX7) の防水性能があるのかと思いきや、実はただの防滴のようです。つまり、USB端子などの開口部に水がかかってはいけないが、それ以外の部分に水滴が多少掛かったくらいなら壊れないレベル (IPX2以下) ということです。防水性能に注目されていた方は Nexus 6 の購入や、入水前にご注意ください。

Nexus 6 の公式動画を見ると
水没させたり水中でカメラ撮影をしています。

nexus6_1
↑こんなことできるの?
いいえ。壊れます!

nexus6_2
↑こんなことできるの?
いいえ。壊れます!

Nexus 6は防水なのか?
それも水中 (お風呂、プール、海) で使えるレベルで防水なのか?

ハイエンドのスマホが防水だとしたら珍しい。
USB端子などにキャップ不要ともなると本当に珍しい。

製造元の motorola の商品紹介ページを見ると
Water Resistant (防水) に Yes の記載が!

nexus6_3

防水といっても、
その性能はピンキリです。
防水性能の規格でいえば IPX5/IPX7 以上の
性能があるかどうかが気になります。

防水性能は IPXと数字で表されます。
そして数字が大きいほど防水性能が高いです。
IPX0 より IPX1 の方が、 IPX1 より IPX2 の方が良いといった具合。
ただし、
・操作中の防水性能
・操作していないときの防水性能
という2つの評価基準が混在しているため、
防水性能の表記としては 2の IPX を併記することがあります。

IPX5 は操作中の噴流に耐えることを意味します。
また、IPX7 は水深1mで30分以上耐えることを意味します。

お風呂やプールなどで安心して使うには
IPX5/IPX7 以上が必要です。

しかし、Nexus 6 には防水規格の表記が無い……。

続・「Nexus 6」が防水対応って本当?によると

Nexus 6は「IPX」などの規格はサポートしておらず、
モトローラの担当者によると「防滴性能はIPX2より劣る」という。

ということは
USB端子などの開口部に水がかかってはいけないが、
それ以外の部分に水滴が多少掛かったくらいなら壊れない

そのくらいの防水性能です。

うむ。残念。
防水性能に注目されていた方は
Nexus 6 の購入や、入水前にご注意ください。

その昔、iOS のアップデートで
iPhone が防水になるというジョークを誤解して
iPhone を水没させて故障させたという話があります。

nexus_6_4

上記の画像は公式ではありません。
それでも犠牲者がでてしまったわけで、
公式動画で IPX2 以下の端末を水没させるのは
ちょっと危ないのではないかと思います。

この記事で誤解による犠牲者が減れば幸いです。

日本のケータイ・スマホユーザの感覚でいえば
Nexus 6は防水ではありませんよ!

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*