SNS四方山話:SNS疲れと友達数の密接な関係?! 友達は100人以下が鉄則!

生物的特性によりSNSの友達数は 100人で限界といいます。たとえば、お互いのために毎日5分くらいの時間をさける人を友達だと考えることにするなら、100人の友達との関係を維持するだけで毎日 500分 (=8時間以上!) が必要になります。毎日のように電話をする、ご飯を一緒に食べる、遊ぶくらいの人を仲の良い友達だと考えることにするなら、1人あたり毎日30分くらいの時間が必要でしょうか。仲の良い友達が10人いれば、その良好な関係を楽しむために毎日 300分 (=5時間) を使うことになります。
SNS では相手にコメントを付けたり、連絡を直ちに返すことをマナーの一種と捉える考え方もあります。そこも含めて逆算してみると意外にも多くの時間が必要だとわかります。可処分時間の限界を超えるほどの友達数になると、自分の時間を犠牲にするか、友達関係の優先順位を付けざるを得なくなるので時間的・心理的に大変な負担になります。これが SNS 疲れの原因の 1つではないかと思います。

限界を超えて繋がろうとするから疲れる

突然ですが、
あなたは全世界70億人の名前と顔を覚えられますか?
何人までなら覚えられると思いますか?

顔と名前を覚えるだけでも数が多ければ大変です。
人間が社会的なつながりを持てる人数ともなると
すぐに限界がくると想像できます。

実は、その限界は 100〜230 人といわれています。

現実世界の家族、恋人、同僚、友人、親戚
そこにSNSで繋がっている友達を加えたときの人数が
100人を超えていませんか?

友達が100人を超えれば疲れ果ててあたりまえ

人間にとって、平均約150人 (100-230人) が
「それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限」
であると言われており、研究者の名前にちなんで
それはダンバー数 (Dumber’s Number) と呼ばれています。

そのような小難しい仮説によらずとも、
友達100人で限界だと想像することができます。

お互いのために毎日5分くらい使う人を友達だと考えることにするなら
友達が100人いると毎日500分 (=8時間以上!) 必要になります。

みなさんは自分自身、家族、恋人などの
極めて親しい人々に時間を使ったあと、
どれだけの時間がありますか?

時間が足りなければ自分の時間を削らなければなりません。
さもなければ、友達を減らしたり、
友達のために使う時間を減らさなければなりません。

友達を減らすということは、
友達に順位を付ける行為とも感じられるため
とても心理的な負担を感じます。

友達のために使う時間を減らすことも
時間を使うだけの価値がないというメッセージとも
感じられるため、人間関係を考慮すると
どうしても積極的にはできません。

かといって、自分の時間を削り続けるのも辛いものです。

現実世界では実際に会うという関係では
その頻度で自動的に時間の割き方が調整されます。
新しい友達ができたり、疎遠になったり、
関係の変化や入れ替わりに無理がありません。

SNS では物理的な距離が関係なく
関係も 24時間対応です。
SNS を続ければ続けるほど
時間的に苦しい状況が生み出されてしまいます。

誰にでも 1日は 24時間しかありませんから、
Facebook、Twitter、Lineなど
全ての友達を足しても 100人以下となるように、
積極的に管理する必要性がありそうです。

FacebookはSNS疲れの方向へ、Pathに流れる

Zuckerbergは、Facebookのゴールはダンバー数を越え、
より多くの人々とのつながりを維持することだと言ったそうです。

マーク・ザッカーバーグ公開Q&A:Facebookは時間の無駄ではない。「イヤだね!」ボタンは作らない

ダンバー数は仮説ですから、
それにチャレンジすることは素晴らしいことです。
しかし、利用者はそれぞれ独自の方針で利用しても良いのです。
SNS疲れしない使い方もあるのですから。

これを踏まえて、3年くらいまえから
友達の最大数を 150人とする Path という SNS の利用者が増えています。

さて、友達数の調整はSNSを気持ちよく利用する上で有効なルールです。
しかし、それだけでは十分というわけではありません。
次回は、SNS疲れに繋がる別の要素についてお話します。

Share

SNS四方山話:SNS疲れと友達数の密接な関係?! 友達は100人以下が鉄則!” へのコメントが 2 点あります

  1. FBのムカツク❤けど仲の良い?人からこのサイトを紹介して貰って、今読んでました。
    でしょうね。。。

    例えば100人丁度だとする。
    しかし実際はあまりログインしてなくて放置状態の人もいるから、実質100人というか、80人前後とのやりとりくらいでしょう。
    でも、友達が友達を呼び、友達がいいねしたサイトや、その友達がどこそこにコメントしました。なんてPRされると、結局何人とかという概念を越えて、のめり込んでるとでも言うような状態にもなるでしょう。

    私は削除に削除を重ねて、今一度確認したら77人でした(笑)

    丁度よいでござんすよ。

    なんせ、寝なあかんし、顔を洗い歯も磨いてお風呂にも入りそれなりのお化粧をして、仕事してるのです。
    そこに二匹のワンズが寄り添ってるわけどすから大変どす。
    仕事関係の付き合いも入ってきます。

    個々の許容力にもよると思いますが、実質的やりとりは100人前後が私も丁度どす。

    • 藤井真喜子様

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      そうですね。
      実際はあまり動きのない人もいますから、そんな感じになりますね!
      登録は易く、削除を使いこなすのはなかなか難しく・・・

      削除に削除を重ねて77人ですか!
      具体的な人数まで数えていただきありがとうございます。
      SNSだけでなく仕事もあるし、仕事付き合いまでいれると100人前後で程良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*