iMac 27 Retina 5K が買いではない条件

iMac 27 Retina 5K は買いでしょうか? iMac 27 Retina 5K を単体で使用するならとても魅力的です。しかし、iMac 27 Retina 5K を外部ディスプレイ (ターゲットディスプレイ) として使用したり、5K でのマルチモニタを求めるなら、今回はパスした方が良いでしょう。5K の取り回しには Thunderbolt 3 が必要ですが、(iMac 27 Retina 5K を含め) 2014年モデルまでの Mac には Thunderbolt 2 までしか搭載されていません。残念ながら、Thunderbolt 2 で快適に取り回せるのは 4K までです。

5K (5120×2880/60Hz) をケーブル一本で使うには Thunderbolt 3 が必要です。
残念ながら (iMac 27 Retina 5K を含め) 2014年モデルまでの Mac には Thunderbolt 2 までしか搭載されていません。

iMac 27 Retina 5K は本体では 5120×2880/60Hz で表示していますが、
これを実現するため、Apple は 5K ディスプレイとの内部接続に特殊な仕様を採用しています。
※参考記事 :
Yes, the 5K Retina iMac’s screen runs at 60Hz at 5K resolution

そのため、 5K Thunderbolt Display や iMac 27 Retina 5K を外部モニタとして使うには、全ての Mac で Thunderbolt 3 が標準装備となるのを待つ必要があります。
iMac 27 Retina 5K を単体で使用する場合を除き、 Thunderbolt 3 の普及前に 5K に移行するのは時期尚早とも言えます。

ところで、Thunderbolt 2 でも 4K までなら性能を引き出せます。
iMac や Mac mini の Thunderbolt ポートが Thunderbolt 2 になったことで 4K への対応はぐっと進みました。

以下のように TN ではない (=見る角度によって色がおかしくならない) 4K のモニタも 9万円を切ってくるようです。
Philips Brilliance BDM4065UC/11 – LED バックライト液晶ディスプレイ
Philips、40型で約9万円のPC向け4K液晶ディスプレイ

5K のデュアルやトリプルができるようになるのを待つか、今すぐ手の届く 4K のデュアルやトリプルで良しとするか……Thunderbolt 2 と 4K が一般的になったことでちょっと悩みますね。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*