一度も転ばずに自転車に乗れるようになる方法

子どもに自転車に乗る練習をさせるとき、転んで痛い思いをさせる必要はありません。第一にバランス感覚を身につけ、それからペダルを回すようにすれば、転ばずに自転車に乗れるようになります。

私自身は子どものころ、何度も転びながら自転車に乗る練習をしました。

失敗を繰り返しながら少しずつ学んで身につけて行く、
そのために何度も転ぶのは必要な過程という気がします
でも、よく考えると、これって少しおかしいんですよ。

自転車に乗るというのは、
左右のバランスをとりながらペダルを回すことです。
何度もバランスを崩しながら、少しずつバランス感覚を身につけていくことで自転車に乗れるようになります。

バランスといえば

  • スタンディング (自転車に乗った状態でその場に立ち続ける技術)
  • 一輪車

でしょうか。

スタンディングは一度も転ばずに身につけられます。
bic2
転ぶ前に足をつけられますし、繰り返しているうちに少しずつできるようになります。

一輪車もとくに転ばずとも乗れるようになるそうです。
bic1
※私は一輪車には乗れないのでその感覚は分かりませんが。

2つに共通することは、転ぶ前に足を着きながら練習するということです。
転びそうになったら足を着くようにすれば、転ばなくてもバランスをとる練習ができます。

補助輪をはずしたら、親が自転車を後から支え、
子どもにペダルを回させて、気づかれないようにそっと離す……。

それよりも

まずは、子どもの両足の裏が地面にべったり着くくらいに
サドルを目一杯下げて、サドルにどっかりと座らせます。
そうしたら、ペダルではなく両足で地面を蹴って自転車を進ませます。

自転車が進んでいる何秒間かは両足を少しだけ地面から浮かさせせます。
どちらにバランスを崩そうと即座に足をつけられますから、
そうそう転ぶことはありません。

徐々に地面から両足が浮いている時間を増やします。
少しずつ、重心やハンドルでバランスをとることを身体で覚えさせます。

十分にバランスをとれるようになったらペダルを回すように促します。
これで転ばずに自転車に乗れるようになります。

泳ぎを覚えるために溺れる必要がないのに、
自転車の練習では転ぶのが当たり前と思い込んでいました。
気付きというほどではないかもしれませんが、
これから自転車に乗る連取をする人の役に立てば幸いです。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*