IE (Internet Explorer) 11 は Trident/7. で判別する
ユーザエージェントから MSIE が消えた IE 11 の判別方法

ユーザエージェントを見ることで、ブラウザやそのバージョンを知ることができます。

例えば、IE 6 ならユーザエージェントは

  • Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
  • Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
  • Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows XP)
  • MSIE 6.0; Windows 2000

IE 10 なら

  • Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
  • Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)

といった具合です。ですから、 MSIE x.xMSIE の部分で IE を、 x.x の部分でそのバージョンを判別できます。ところが、IE 11 のユーザエージェントから MSIE が消えました。同じ方法は使えません。IE 11 からは MSIE のかわりに Trident/x.x を見ます。

IE 7 までは ブラウザとバージョンの識別に MSIE x.x のみが使えました。それが、IE 8 からユーザエージェントには MSIE と共に Trident/x.x が併記されるようになり、IE 11 では Trident/x.x のみとなりました。よって、今後は以下のように対応を見れば良いでしょう。

IEのバージョン ユーザエージェントに現れる識別子
IE 11 Trident/7.
IE 10 Trident/6.
IE 9 Trident/5.
IE 8 Trident/4.

Trident/x.x では判別できるのは IE 8 かそれ以降のバージョンに限られます。

とはいえ、IE 6 にいたっては葬儀が行われ、Microsoftも献花して別れを告げていますし

IE6の“葬儀”行われる Microsoftから献花も
IE6を永眠させるべき10の理由

Google は IE 9 までのサポートを終了しており、 Google のアプリを快適に使うためには IE 10 以上でなければなりません。

サポートされているブラウザ – Google Apps 管理者用 ヘルプ

余談ですが、jQuery 1.3 以下、あるいは jquery-migrate を使ってブラウザの Sniffing (判別) を行っている場合には IE 11 以上を識別できません。
次回jquery-migrate後方互換性をたもちつつ IE 11 以降を識別させる 方法をお話しします。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*