ドットインパクトプリンタ

カーボン紙を挟んで、手書き書類を複写することがありますが、
あれを機械で行うのがドットインパクトプリンタです。

ドットインパクトプリンタといっても、
カーボン紙を挟んだ転写ができる、
モノクロプリンタと考えれば大体はOKです。

OKI MICROLINE 6300FB2で試しましたが、
まぁ、OSの標準ドライバか、
メーカーが配布しているドライバで普通に印刷できます。

普通のプリンタと異なるの点で意識すべきは
文字とグレースケールです。

まず、文字についてです。
ドットインパクトプリンタでの文字の扱いは特別で、
プリンタ自体がフォントを持っており、
該当文字があれば奇麗に印字できます。

つまり、例えばWebページを印刷するとして、
純粋な文字と、画像化された文字とでは扱いが異なります。
純粋な文字は奇麗に印字されますが、
画像化された文字は非常に荒く印刷されます。

次に、グレースケールです。
文字色を完全な黒色にしないと印刷が荒くなります。
それというのも、完全な黒色以外は
マンガのトーンのように表現されるため
解像感が下がるからです。

ちなみに画像も印刷可能です。
低解像度のトーンで描画された感じになりますが。

今時ドットインパクトプリンタを使う場面は殆どないと思います。
ですが、逆に情報がなくて困るということがあるかもしれません。
参考になれば幸いです。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*