WebGLが使える?!
OS X 10.10 Yosemiteでついに?!

ゲーム機やスマホで3Dゲームがぐりぐり動きます。
これらを作る時にはよくOpenGLやOpenGL ESを使います。

Webブラウザ向け版にも同様にWebGLがあるので、
Flashやプラグインなしでも、Webページにゲーム機のような表現を加えることができます。
ChromeでWebGLのデモ「ROME」を見ると具体的なイメージがわくかもしれません。
動画では無いので、マウスカーソルを動かすとリアルタイムな変化が得られますよ。

とはいえ、ChromeやIE11でないと初期状態のままでは動かないとか、
モバイル向けのブラウザでは動かないとか、
どこでも普通に動くわけではなく、ちょっと使いにくい状況でした。

実際にβ版を試したわけではないのですが、
新Mac OS X「Yosemite」発表、Safariが高速化しメール・検索・共有機能が劇的に向上を見ると、
OS X 10.10 YosemiteのSafariではWebGLがあたりまえに使えるようになるみたいですね。
また、iOS Simulatorで試すとiOS8のモバイルSafariでもWebGLが使えるようです。
ハードウェアが叩けないのか、シミュレータの画面上には表示されませんでしたけれど。

こうなると、Androidのブラウザも対応が進んで、
一気にWebGLを使う環境が整うのかもしれません。

もし、WebGLを始めようと思われた方は
WebGLでプログラムを直接書くのは大変なので、
Three.jsを使うとちょっと楽になると思います。

以上、WebGL時代到来への備えのご参考までに。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*