実機がでるまで待たないと決めている人向け
発売前のiPhoneやiOSについて少しでも早く知る!
お手軽にシミュレータで予習する方法

いつもAppleの新製品を待ちわびている人向けのお話です。

iOSアプリはAppleから提供されるMacとXcodeで開発します。
Xcodeには最新のiPhone、iPadやiOSのしミューレータがついてくるので、
開発者は実機に触れる前から最新OSと戯れているわけです。

Developer登録は無料ですから、開発者でなくとも
Appleの新製品が好きな人は開発ツールをインストールすると
iOS Simulatorで楽しみが増えるかもしれません。

登録と開発ツールのインストールは簡単だと思います。
よくあるユーザ登録や、Macのアプリのインストールと同じことですから。
ここではSimulatorの起動方法を説明します。

  1. Xcode.appを右クリックする。
  2. Show Package Contentsをクリックする。
  3. Contentsフォルダを開く。
  4. Applicationsフォルダを開く。
  5. iOS Simulator.appを実行する。Simulatorが起動します!!
  6. ドックのアイコンを右クリックする。
  7. optionをクリックする。
  8. Keep in Dockをクリックする。以後は、このアイコンをクリックするとSimulatorが起動します。

以上です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*