HDDが壊れたら困る人必見!
データ消失の悪夢を避ける3つの秘訣

突然ですが
みなさんのHDDは本当に正常に動作していますか?

最近、立て続けにHDD故障の相談を受けたもので
参考までに、私が実施してる技術者ならではの対策をご紹介します。

HDDの使用前
潜在的な不良を必ずチェック!

工業製品がよく故障するのは、使いはじめと、寿命の手前の2つです。
つまり、データ消失の最初の危険は、HDDは使い始めにやってきます。

HDDはクラスタと呼ばれる区画に分けられています。
破損したクラスタには正常にデータを記録できません。
WindowsやMacは高性能なので、HDDに多少の破損があっても
破損領域を回避するなどして、なんとか動作させてしまいます。
しかし、少しずつ不調になり、限界を超えるとダメになります。

Windowsのスキャンディスクや、
MacのApple Hardware Testでも
HDDをあるていど検査できますが、完全ではありません。

HD TuneならHDDの不良をより精密に発見できます。
破損クラスタが1つもないことを確認してからHDDを使います。
HD Tuneはhttp://www.hdtune.com/からダウンロードできます。

HDDの使用中
故障の兆しを見逃さない!

HDDの故障を予測・早期発見するためにS.M.A.R.Tという技術があります。
Googleが2007年に発表した論文
(Failure Trends in a Large Disk Drive Population) によると
S.M.A.R.Tに基づいて、HDDの故障の早期発見はあるていど可能です。
※残念ながら、いつ故障するかといった寿命予測にはS.M.A.R.Tは役立たないとのこと。

以下の数値はHDD交換のサインになります。

  • 読み込みエラー率
  • 代替処理済の不良セクタ数
  • 代替処理待ちの不良セクタ数
  • 回復不可能なセクタ数

※セクタはクラスタを細分化したもの。複数のセクタをまとめたものがクラスタになる。

後の3項目は特に0であるべきものです。
仮にHDDに衝撃が加わり、物理的破損で不良セクタができた場合、
HDD内部に生じた破片が飛び散ることでさらに破損が広がり
急速にデータが消失することもあります。
後の3項目が0ではないHDDはデータ消失の可能性が高いので、
HDDを交換します。

S.M.A.R.TもHD Tuneで見られます。
ときどき確認します。
※USB接続ではS.M.A.R.Tを見られません。

なお、HDDの故障の可能性が高まると、
その64%では故障前にS.M.A.R.Tに兆候が現れます。
ですから、S.M.A.R.Tを適切に使うことで
データ消失の悪夢が3分の1に減ります。
※34%は突然死するため、バックアップかデータ復旧サービスが必要になります。

HDDの寿命と故障
HDDの動作があやしくなったら落ち着く!

パソコンの起動がやたら遅くなったり、繰り返しフリーズするなど
HDDの動作があやしいと感じたら、まずは落ち着きます。

この時点でデータの一部が消失している可能性があります。
とはいえ、データの一部か大半は救出できる可能性もあります。
被害を拡大しないために
パソコンの再起動、スキャンディスク、復旧ソフトの使用などは絶対に避けます。
すぐに電源をオフにして、HDDを使わないようにします。

HDD内のデータが非常に重要である場合は、
ただちに有料のデータ復旧サービスを利用します。
日本データテクノロジーなどが高い実績を持っています。
※データ消失を最小限に抑えるためには直ちにデータ復旧サービスを利用し、事前に自力での復旧を試みてはいけません。

データ復旧サービスを利用するほどでは無い場合は、
自力でデータを取り出します。
次のような方法が簡単で、手軽で、確実性も高いです。

動作のあやしいHDDは継続使用できませんから、
まずは替えのHDDを買ってきます。
替えのHDDにOSをインストールして起動します。
動作のあやしいHDDは外付けにして、そこからデータをコピーします。

データをコピーする際、HDDの中身をまるごと一気にコピーしようとせず、
何回かに分けて少しずつコピーします。
コピー範囲に破損クラスタがあると、コピー全体が失敗することがあります。
破損箇所にあたらないように、何度かに分けてコピーしていくと良いです。
その際、重要度の高いデータからコピーを試みます。
作業の途中でHDDが完全に故障した場合への備えになります。

まとめ

  1. HDDはHD Tuneで破損クラスタが1つもないことを確認してから使う。
  2. S.M.A.R.Tを時々見て、不良セクタが出たらすぐにHDDを交換する。
  3. HDDの動作があやしくなったら外付けにして、重要なデータから少しずつコピーする。

これでデータ消失の悪夢は3分の1になりますし、
消失する場合であっても、部分的な被害で済む可能性が高まります。
以上、ご参考までに。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。

  • ソフトの使い方が分からない。
  • 表示された結果の読み方が分からない。
  • HDDが不調なのでデータの取り出しを助けてほしい。

など、気になることがありましたらご相談ください。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*