短縮URLよ永遠に!
URL短縮サービスが使えなくなるその時に備える

URL短縮サービスbitly

こんにちは。
URL短縮サービス(bitlyなど)を使いこなしてますか?

URL短縮サービスとは
http://www.domain.co.jp/nagaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaai.html
のように長いURLで指し示されるWebページへ
http://bitlay.is/mijikai
のような短いURLでアクセスできるようにしてくれるものです。
通常、mijikaiの部分はサービスによって
1g3AhR6のようなコードが自動割当てされます。

サービスによっては好きな文字を割当させてもらえることもあります。
早い者勝ちなので、短くて分かりやすい名前はまず使えませんが。。。

そして、bitlyはURL短縮サービスの中でも
特によく利用されているものの一つです。

Twitterなどの文字数制限がある場面では、
URLに100文字も使えませんよね?
そんなとき、bitlyなどのURL短縮サービスを使えば
ながーいURLを短くしてくれて便利という次第です。

bitlyの使い方はこんな感じです。
まず、https://bitly.com/shorten/にアクセスします。

bitly.shorten.1
短縮URLでアクセスしたいWebページのURLを入力します。

bitly.shorten.2
Shortenボタンを押します。

bitly.shorten.3
表示された短縮URLをTwitterなどに貼付けます。

今や60兆を超えるWebページがあり
しかも、それは時々刻々と増え続けているとGoogleは言いいます。
これだけのページに個別のURLがあるのですから、
URLが長くなるのは避けられません。

Twitterなどの文字数制限があるコミュニケーションサービスの普及とあいまって、
URL短縮サービスは本当によく使われています。

URL短縮サービスに落とし穴

ショッピングサイトやニュースサイトなど、
多くのコンテンツを扱う場合はURLも長くなりがちです。
amazonの商品ページのように、
Twitterに投稿不可能なくらい長いURLになることもあるでしょう。

商品や記事の拡散のため、SNSとURL短縮サービスを使う…
ここでちょっとだけ考えてください。
URL短縮サービスが終了するその日のことを。

Appleは1996年には完全に潰れかかっていましたが、
今は時価総額4000億ドル以上(約40兆円)です。
Googleも1998年創業で、時価総額は同様です。
これはきわめて極端な例ですが、
10年、20年というスパンでは企業やサービスに栄枯盛衰があります。

URL短縮サービスもいつかは終了の日を迎えます。
5年後か、10年後か、100年後か。
その全てではないとしても。
著名なURL短縮サービスだけでもTinyURL、Bitly、Google、HootSuite、pixiv、Twitter、Facebook、Amazon、YouTubeなど沢山のものがあります。
URL短縮サービスは自由に無料で使える場合も多く、
その全てが何十年もサービスを継続し続ける保証はありません

自分のコンテンツが存在する間、
半永久的に短縮URLサービスの保証が必要ならば
URL短縮サービスを自前で持った方が良いでしょう。
簡単に作れるし、短縮URLも自由に決められますので。

amazonのようにロングテール商品を持つショッピングサイト、
昔の記事が閲覧できるニュースサイトなどは
自前のURL短縮サービスが信頼性の面で有用でしょう。

ところで、bitlyは一度登録された短縮URLはずっと有効なようです。
今のところ、bitlyが終了しない限りは。

ですから、
・短縮URLの有効期間には保証不要
・短縮URLを自分で決める必要など皆無
の場合はbitlyなどを使うのが正解です。

URL短縮サービスを簡単に作る

上記をふまえ、自分のコンテンツが存在する間、
半永久的に動き続ける自分専用の短縮URLサービスが必要な場合、
それを簡単に無料で作る方法を概説します。

前提として、すでに
http://www.mydomain.co.jp/
のようなWebサイトを運営しているとします。

http://www.mydomain.co.jp/s/
のようなディレクトリを作ります。※sはshorten URLsの略ということで。

そこに.htaccessというファイルを置きます。
ファイルには

Redirect permanent /s/amaDL http://www.amazon.co.jp/Dirty-Loops/e/B00HSTA43O
Redirect permanent /s/google http://www.google.co.jp

のように書き足していきます。

すると
http://www.mydomain.co.jp/s/amaDLにアクセスすると
amazonでDirty Loopsを検索した結果である
http://www.amazon.co.jp/Dirty-Loops/e/B00HSTA43O
が表示されます。
また、
http://www.mydomain.co.jp/s/googleにアクセスすると
googleの検索ページである
http://www.google.co.jpが表示されます。

なお、Redirect permanent
短縮URLへのアクセスに対して、
すぐに長いURLで示されるWebページへと自動的に移動し、
短縮URLと長いURLとが恒久的に対応することを意味します。

以上、短縮URLの有効期間に保証が欲しい、
あるいは短縮URLを自分で決めたい場合のご参考までに。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。

  • 自社サイトにURL短縮サービスを組み込むのをサポートして欲しい。
  • 自社サイトにURL短縮サービスを組み込んで欲しい。

など、気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は
内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、
まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*