3画面どまりか4画面までいけるか?!
Macbook Pro Retinaとマルチディスプレイ

2012年から、Macbook Pro Retinaには以下の3つのディスプレイ出力が備わりました。

  • HDMI (1つ)
  • Thunderbolt (2つ)

その全てにディスプレイを接続すると、
物理的には本体を含めて4画面になります。

というわけで、今日は
4画面を目当てにMacbook Pro Retinaを買う人向けに
機種選択の落とし穴についてお話します。

同時に4画面使えるモデルと、3画面までのモデルがある

macbook_pro_retina_4_monitor

Other World Computing Blogによると
Macbook Pro Retinaで以下のような4画面出力が可能です。

  1. 本体のRetinaディスプレイ(2880 x 1800)
  2. iMacディスプレイ(2560 x 1440)- Thunderbolt接続
  3. iMacディスプレイ(2560 x 1440)- Thunderbolt/Mini DisplayPort接続
  4. 液晶ディスプレイ(1920 x 1200)- HDMI接続

しかし、同様のポートを備えたMacbook Pro Retinaの全てで
同時に4画面使えるわけではありません。
Macbook Pro Retinaには
以下のような、2つのグラフィックチップを搭載した機種と、

  1. Intel HD Graphics 4000 + Nvidia GeForce GT 650M
  2. Intel Iris Pro Graphics + Nvidia GeForce GT 750M

以下のような、1つのグラフィックチップしか搭載していない機種があります。

  1. Intel HD Graphics 4000
  2. Intel Iris Pro Graphics

後者の、1つしかグラフィックチップを搭載していない機種では
本体を含めて3画面しか出力できません

物理的には4つのディスプレイをつなげますが、
全ての画面に同時表示することはできません。

例えば、13インチのMacbook Pro Retinaや、
15インチの2013年モデルの一部は3画面までです。
4画面が必要ならば
2つのグラフィックチップ搭載の機種を選んで
ください。

もう買っちゃった・・・という場合には
USB接続のディスプレイを使うという代替策があります。
しかし、USB接続のディスプレイの選択にも落とし穴があるので、
次回はそのお話をします。


次回予告をしておきながら1年あまりも忘れていました…。
関心をお持ちだった方には申し訳ないです。

お問い合わせについて

業務として技術コンサルティングやシステム設計・開発を行っております。
気になることがありましたらご相談下さい。
ご相談のみで完結する場合、コンサルティング費用の目安は内容によりますが1時間で5千円〜1万円ていどです。
コンサルティングや開発を検討されるその前に、まずはお気軽にコメントやメールでご連絡下さい。
※ご契約前のコメントやメールでのやりとりは無料です。

お問い合わせフォーム

お急ぎの場合など、ただちに業務対応が必要な場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。かきしちカンパニーお客様窓口が直ちに対応いたします。
※窓口へのお問い合わせ、お見積もりは無料です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*